ラベルを設定して受信メールを管理する

Gmailが多のメールソフトなどと決定的に違うのがこのラベルと設定して管理する、という事でしょう。普通のメールソフト(Webメールを含む)はユーザーが「仕事」とか「友人」というようなフォルダを作りそこにメールを移動させて管理します。ところがGmailにはそういうフォルダという概念がありません。

フォルダで管理する方法というのも悪くは無いのですがひとつのメールが複数のフォルダにいれたくなる場合もあります。これだとどちらにいれていいのか悩むわけですがGmailのラベルという仕組みを使えばこれらも簡単に解決出来るのです。

ラベルを作成して付ける

  1. Gmailを開き右上にある設定をクリックします。
  2. 設定画面が開きますので任意のラベルを作成します。
  3. 後は受信したメールを選択しラベルを付けていきます。

    • 一例として友人というラベルをつけてみました。ラベルは複数付けられるので後からの管理が楽になります。

自動でラベルを付けるフィルタリング機能を使う

このラベルをいちいち手作業でやるのは面倒ですので条件を設定して自動でラベルをつけるようフィルタリング機能を使います。
  1. 先ほどと同様に設定を選び今度はフィルタを選択します。
  2. 開いた画面上で任意の設定を決めます。

    • 受信するメールアドレス、用件、キーワードを設定出来ます。

  3. 次のステップを選び条件にあったメールが届いた場合に付けれるラベルを決めます。

    • 今回は飲み会というキーワードが入ったメールは友人のラベルを付けると設定しました。
    • フィルタはラベルを付けるだけでは無くメールの転送や削除などかなり高度に設定出来ますので自動で多くの処理が可能です。

  4. フィルタはこれまで受信したメールにもこれ以後受信するメールにも適用出来ます。
Comments